更年期障害と病院治療

実際に更年期なって、著しく生活に支障が出る場合は、
病院に行って治療をする必要があります。

更年期くらいではと、一昔までは病院での診察を控える傾向にありました。
現在では高齢化社会のため快適に更年期を乗り越えて、
楽しい時間を過ごすという考えになっているのです。

とはいっても実際の治療に関して知らない人が病院に行くのは
不安がある方も多いと思います。

今回は、更年期障害の症状と病院での治療に関して紹介いたします。

まず更年期障害に関して簡潔に説明していきます。
更年期障害は、女性の閉経や男性の加齢によって、
体内のホルモンの数値が 急激に減少することによって発生いたします。

この急激な減少の原因は最近だとストレスの発生によるものが影響しているのです。
ストレスによって、コルチゾールと呼ばれるホルモンが多くできてしまうからです。

このコルチゾールですが、実は女性ホルモン、男性ホルモンの材料になっているのです。

ストレスが多いほどホルモン値の急激な低下が起こるために、
最近では病院の治療が何よりも重要なのです。

血液検査の重要性

こうした治療を行うのに重要なのは、初めに病院での血液検査が重要になります。
血液検査でどういった数値を見ていくのかというと、女性の場合はエストロゲン、
男性の場合はアルドステロンの数値を血液検査で計測いたします。

基準値が半分以下の方がホルモンによる治療を行います。
実際に注射されるのはエストロゲンとアルドステロンのそのままの成分を注射されます。

その後定期的に、病院での検査によって血中のホルモン値が
安定しているかどうかを判断していきます。
また、病気による血中濃度の急激な低下は、他の病気に緯錦する場合もあります。

ホルモン自体を作る機能が低下している病気や、
ホルモンを放出する脳の部位の 病気によってはホルモン値が
低下している場合もあるのです。

つまり、一見更年期障害と勘違いしている場合があり、
症状を悪化させている実例があります。

著しく生活に支障が出る場合は、病院での治療が重要なのです。