更年期症状に効くサプリメント

更年期症状になると手軽に、使用できるサプリメントを選択する方が増えています。
ですが、日本と違って西洋では、効果があるものが多く、購入をしたいと
思っていても悩む方も非常に多いはずです。

今回は、そんなサプリメントに関する疑問を紹介いたします。

初めに、更年期の症状に対して効くサプリメントに関してですが、
大きく3つの分類に分けることが出来ます。

はじめに、更年期の症状自体を緩和するタイプの栄養素のサプリメント、

次に女性ホルモンに近い効果を持つ成分を服用することによって、体の状態を良くするサプリメント、

最後に女性ホルモンの急激な減少を緩和するサプリメント、といったように3種類に分けることが出来ます。

更年期障害自体を緩和するサプリメントは、基本的に症状別に役立つとされる成分が入っている植物が異なります。

不眠やうつ、生理不順に役立つのは、セイヨウカノウコソウ(バレリアン)、
レモンバームなどが、服用後セロトニンを増やし、 深い眠りに誘うような効果があります。

焦りといった心身症に役立つのは、セント・ジョーンズ・ワートというハーブです。
古代昔から、炎症等の治療にエキスが使用されてきましたが最近の研究には、うつといった病気に 非常に期待できるのでは?と注目されてきています。

次に女性ホルモンに近い成分を持つ効果のあるサプリメントの植物です。
大豆イソフラボンが入っているものは有名なので、他の成分を紹介いたします。

ブラックックコホシュというアメリカのネイティブアメリカンが使用していた植物があります。
この植物は、月経前症候群や更年期症状に役立つとされ、アメリカでは非常に人気がある植物です。

実際に、服用してから効果が出るのは、4週間ほどかかるといいます。
ですが、相性が良ければこれほど良いサプリメントはないとされる植物です。

レッドクローバーは穏やかな作用を持つ、イソフラボンを含んでいます。
その為、大豆の摂取が大変な方は、こちらのサプリメントの方が摂取しやすいですね。

更年期症状の進行自体を抑えるのは、マルチミネラルといったサプリメントが有効です。
しかし、効果が出るのに半年以上もかかります。
その部分を考慮して服用するようにしてください。