男性の更年期症状

男性にも、更年期症状が現れていることをご存じでしょうか?
実は最近、男性ホルモンの数値が40代前半から急激に減少して、
体の不調を起こす人が増えています。

この病気は、西川症候群と呼ばれ、男性ホルモンが原因と考えることができず、
病院を転々とする人が増えているのです。

今回は、この病気の特長と対策に関して詳細に紹介したいと思います。

初めにこの病気は男性ホルモンのアルドステロンの数値が基準値が半分以下になります。
そして自律神経系やホルモンによる影響で維持している機能が低下します。

男性ホルモンは、体の組織の成長ホルモンと連動しているため、
少しの運動で筋組織が痛んだりします。
また、慢性的な疲労感といった症状が現れるのが特徴です。

次に、自律神経系の症状にうつ、不眠といった症状が現れます。
焦りや火照りイライラといった症状が現れるのです。

男性は基本的に女性と比較して、月経もなければ、閉経もありません。
にもかかわらず、こうした症状が発生するのはなぜでしょうか?

男性ホルモンの減少の最たる理由はストレスです。
ストレスの負荷がかかりすぎると、男性ホルモンを分泌せよ!という
指示を出す機能に支障が生じます。
結果、男性ホルモンの量が減少することになるのです。

次に考えられる要因は、不規則な生活です。
男性ホルモンを出すタイミングは一日の時間の仲で決まっています。

ところが体内時計が狂うと、正常な血中濃度の維持が出来ないのです。
その為、一日の中でもホルモンのバランスが狂う時間帯と正常な時間帯があり、
維持する脳の器官に負担がかかるのです。

では、うつ病や不眠症といった精神的な病と何が違うかと言うと、
火照りや汗といった症状が同時に起こります。

一見、別の病気が同時に起こっていると思われがちですが、
全部ホルモンに起因する病気なのです。

怪しいと感じた方は、泌尿器科で血液検査を受けることをおすすめいたします。
血液中のホルモンの量で簡単に判断することが可能なので、
進んで受けるようにしてください。