更年期症状と頭痛

更年期の症状で悩ましいのは頭痛という悩みを持っている方が多いのです。
実は、更年期の頭痛の症状と普段の頭痛には大きな差があるのです。

発症する部位や症状に大きな特徴があります。
加えて更年期の頭痛は対処を間違えると想像できない程の苦痛が発生いたします。

今回は更年期の頭痛の症状と特徴、起こる理屈、対処法に関して紹介いたします。

初めに更年期の頭痛の症状と通常の頭痛の症状の大きな違いは、
更年期の頭痛の方がズキズキとした針の様なするどい痛みに見舞われること。

また頭痛の鎮痛薬を飲んでも対処できないことが多いのが特徴です。
その理由は頭痛の鎮痛薬の場合は、血管の筋肉に作用します。
血管の筋肉が必要以上に萎縮することで一時的な痛みが発生するのです。

市販されている薬はこうした機序によって発生する症状を抑えるのが主な薬なので、
通常の頭痛薬では効かないのです。

こうしたひどい頭痛が起こる原因は、ホルモンの減少によって、
ホルモンを分泌する脳の箇所が過敏に反応するようになるからです。

ホルモンを分泌する箇所と体の調子を整える自立神経系の脳の部位は、隣接しています。
そのためホルモンが上手くいかなくなると、体の血中のホルモンの濃度を上げようとして、
無理に指令を出すようになるのです。

とはいってもホルモン自体が増えるわけではなく減少するので、
ホルモンの分泌する箇所の調子がおかしくなり、
自律神経系に悪影響が出てしまうのです。

自律神経という、体全体の機能を維持している箇所に異常が発生するので、
普通の頭痛薬では効かないのです。

一番よい対処法は、緊張や急かすような動作をなるべくしないこと。
もしくは初めてやる動作やスランプに陥った場合は、解決した時が重要なんだと
考える心の余裕が重要なのです。

ひどい症状のために、どう対処したら良いかが判らず、 仕事や生活に
支障が出てしまう人が多いようです。

また、頭痛の場合は脳疾患の可能性もあります。
その場合は人事では済まないので、一度病院での検査が重要なのです。