更年期症状に良い食材

更年期症状に効く食材を皆様御存知でしょうか?
女性の方なら、即答で大豆や大豆イソフラボンと答える方が多いのが現状です。

しかし、実際に摂ったほうが良い栄養素は他にありますし、
逆に摂らないほうが良い栄養素もあります。

今回は、そうした情報を簡潔に紹介したいと思います。

初めに野菜やフルーツは更年期障害に非常に有効的です。
その理由として豊富なビタミンが多く含まれている他に、 エストロゲンと同じ効果をもつ、
フィトエストロゲンという成分が含まれています。

この成分は大豆エストロゲンと同じように、エストロゲンの代わりをしてくれるので、
積極的に摂ることをお勧めいたします。

女性の場合は、エストロゲンの分泌の減少によって、カルシウムのミネラルが不足しがち。
だからカルシウムを摂取することを推奨されます。

そしてボロン(ホウ素)という成分は、骨を頑丈にする効果があるため
摂取することが推奨されています。

このボロンですが、キャベツ、アスパラ、ブロッコリーの茎といったやさい類、プラム、
なし、 いちごといった手軽なフルーツに入っているので、摂取を推奨いたします。

次に、豆類を積極的に摂ることが重要です。

豆類は大豆だけでなく、他の豆類も摂取することが大切で、 栄養バランスがよく、
エストロゲンの効果を助けるビタミンB群が豊富だからです。

逆にとってはいけないは、最近マーガリンに含まれているとされるトランス脂肪酸です。
トランス脂肪酸は、体内のエストロゲン生成量を減らす効果があります。

また、他に正常な体内組織を傷つける効果もあるため、
摂取することを避ける事が大切なのです。

次に、カフェインを摂ることは控えてください。
もし珈琲や紅茶が好きな場合は飲んだ後に、水をのむようにしてください。

その理由は摂取によって体内の水分量が減少するからです。
その代わり、摂ったほうが良いのがオレンジジュースや野菜ジュースです。

先程の、イソフラボンの代わりをしてくれるフェイトエストロゲンや
葉酸といったミネラルを積極的に摂取することが可能だからです。