更年期症状とめまい

更年期症状にめまいという特徴的な症状を起こす人がいます。
一見めまいは更年期と関係ないと思ってしまう人が多くなってしまうと
非常に焦りを感じてしまい結果症状が悪化してしまう人もいます。

今回はそんな更年期症状のめまいの特徴と対処法に関して紹介いたします。

まずは更年期にめまいが増加する原理を紹介いたします。

更年期のめまいの原因は自律神経系の狂いによって生じます。
自律神経系は体の一部分の機能を維持するために、
あらゆるホルモンの分泌を担っています。

自律神経系と更年期に関わるホルモン分泌を担っている箇所は
脳の機能で近い箇所に存在しているため、自律神経系の機能が狂いだし、
その結果めまいの症状が発生するのです。

めまいの症状の見分け方

このめまいの症状ですが、めまいと聞くと耳の病気と勘違いする方もいるので、
その症状の見分け方を紹介いたします。

耳の神経系の箇所が圧迫したことによって発生するめまいの場合は、
聴神経が圧迫されているため、音が聞こえにくくなります。

しかし、その音の聞こえにくさは徐々に進行するので気づかない方もいます。

めまいで不安にあった場合は、イヤホンで音を聞いてみましょう。
左右差がある場合は聴神経の圧迫によるものなので、
脳神経外科で脳の画像を取ってみることをお勧めいたします。

次に、耳の中耳や三半規管に関する症状の場合は、
鼓膜振動による耳鳴りが発生する場合が多いのです。

また、突然めまいがするといった症状が発生いたします。

起こる時間帯は朝型が多いのが特徴です。
更年期症状のめまいは、自律神経の乱れなので、自律神経のうちの
交感神経の働きを抑えることが重要になります。

めまいが起こる体のストレス状況の一例として、緊張を要する場面が多いと
脳に行き渡る血液量が減少しまう。

そんな緊張するような場面の時はゆっくりと行動することが大切なのです。

いかがでしたでしょうか?こうした行動を取ることによって症状が緩和し
日常生活に支障がでずに送ることが出来るようになれば幸いです。