更年期症状と関節痛

更年期の症状に、女性ホルモン系の疾患を連想する方も多いですが
意外に知られていないのが更年期症状と関節痛の関係です。

実は更年期症状は関節痛を引き起こします。
40代や50代になって慌てて急に関節痛になった方は要注意です。

今からでも遅くない更年期症状と関節痛の関係に関して紹介いたします。

初めにどうして、関節痛や筋肉痛が更年期症状に関係しているのかというと、
女性ホルモンのエストロゲンが関節のコラーゲンの生成に大きく関係しているからです。

関節は2型コラーゲンが主な土台の主成分になっており、
加えてその土台の上にコンドロイチンやヒアルロン酸と言った成分によって
軟骨が作られています。

エストロゲンこの土台の2型コラーゲンの生成を促進しており、
軟骨細胞の破壊によりも生成量が多いといったバランスを保っているのです。

ところが女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、 この軟骨を作っている
コラーゲンの破壊の細胞数が上回ることになってしまいます。

加えて老化による筋力の減少によって膝にかかる負荷がかかることによって
軟骨がすり減りやすくなります。その結果、関節痛が発生しやすくなるのです。

こうした関節痛を防ぐには膝の回りの筋力をつけることが重要なのです。

最初はキツイかもしれませんが階段をのぼることから始めるようにすると筋力がつきます。
注意すべきは下りは関節に負担がかかるので、下りはエスカレーター。
上りは階段の習慣をつけるといいでしょう。

また、筋肉痛の発生原因はエストロゲン分泌の減少によって
血管の筋肉に柔軟性がなくなるためその結果筋肉が柔軟性をなくすため発生いたします。

例えると、冷えたゴムひもを引っ張ると切れてしまいますが、
ある程度温めたゴムひもは切れません。

更年期の場合の筋肉はこうした切れる状態になってしまっているのです。
こうした症状に対する対処法は、初めに冷やすことです。

炎症が起きている箇所の筋肉というのは非常に厄介で、温めると症状が悪化します。
ですから、初めに冷やすことそして痛みがなくなった場合は、
温める様にすることが大切なのです。