「あれ?私、更年期に入ったかな??」
そんなことを考えている人にとって、更年期症状の初期症状は知っておくに損はありません。

その理由は、更年期症状の初期症状を見逃していたばっかりに
ひどい症状に進行してしまう場合があります。
また、最近ですとこのストレス社会の影響で、
更年期症状が弱年齢関係なく発生することが多くなってきているため、
若い人でも注意が必要なのです。
今回は、若い年齢でも更年期かと思われる人でも判りやすい、
更年期症状の初期症状に関して紹介していきます。
初めに、さっと更年期に関しておさらいいたします。
更年期の症状は体内のホルモンバランスが加齢によって分泌量の変化が発生することより、
臓器の機能に大きな変化が発生し、不調が出る症状を指します。
その症状の種類は、心身的に出る症状と体の体調に影響が出る症状と大きく分けることができます。
心身的に出る症状の代表例として、うつや不眠、イライラといった症状が現れます。
ですが、こうした症状だけでは更年期か
そうでないかの区別がつきにくいと思います。
ですが、更年期の症状はこうした心身的な症状の他に
体の不調が出てくるようになります。

女性

どんな兆候が?

具体的な症状の例として、胃痛、のぼせ、ほてり、動悸と言った症状が現れます。
これらの心身的な症状と体の不調が現れるのも更年期症状の特徴なのです。
続いて更年期症状の特徴として、こうした症状が
長期間続くことが大きな違いです。
体の不調と心身的な症状が2週間以上続く場合は、
更年期症状の可能性が高くなります。
更年期の症状は徐々にホルモンの分泌量が減少することによって発生するので、
長期間症状が続くのが特徴なのです。
更年期症状の初期段階の内に見つかると便利なメリットは、
食事療法や生活習慣を変えることによって、
その症状を緩和出来るという点です。
はじめから、薬ではなくてこうした治療をすると、
不眠やうつといった心身症に対して、体が適応できるようになります。
加えて薬剤の副作用を防ぐことができるので、
初期症状を逃さないことが大切なのです。